まったりブログ

育児の情報や日常ちょっとお得になる情報を紹介します。

パパ見知りならぬママ見知りってあるの?

f:id:kenta03:20190213161426j:plain

 

 

こんにちは旦那です。

 

パパ見知りという言葉を聞いたことがある人はいるかもしれませんが、ママ見知りってあまり聞かない言葉ですよね。

 

パパと違ってママはお腹の中だけでなく、産まれてからも一緒にいるので信頼が厚いので起きないのかな?と思っていました。

 

 

しかし中には「ママ見知り!?」と疑いたくなる事例もあるので、 可能性と原因をご紹介します。

 

 

ママ見知りはありえるのか?

 

f:id:kenta03:20190213161423j:plain

ママ見知りという言葉や状態は、基本的にありません

 


その理由はシンプルで赤ちゃんにとって一番接する時間が長いのがママだからです。

 

 

お腹の中にいる時からママの声や心音を聞いて育ち、産まれてからも授乳や抱っことパパやおじーちゃん、おばーちゃんより長く接っしています。

 


赤ちゃんの目は胎内にいる時には必要が無く、生まれて1年くらいしないと見えてきません。しかし聴覚は妊娠20週目ごろより発達しはじめるので、胎内にいる時から「ママの声」と「それ以外」として認識していきます。

 


もしママ見知りが起こるとしたら、赤ちゃんがママの胎内にいた時の記憶(音)や匂い(母乳の匂いなど)などを忘れた時に起こる可能性があります。

 

 

嗅覚について

産まれてすぐの赤ちゃんにママの母乳をしみこませたガーゼと、他人の母乳をしみこませたガーゼを置くと、例外なくママのガーゼのほうに顔をむけるという実験結果があります。そしてその傾向は日にちが経つにつれて強くなるという傾向もわかっています。

 

 

それでも赤ちゃんが泣いたり嫌がる原因は?

安心して泣く

f:id:kenta03:20190213161714j:plain

赤ちゃんが一番安心して過ごせるのはなんと言ってもママです。

お腹の中からずーっと一緒にいて、産まれてからも一緒にいます。

 

私たちも不安な時に慰めてもらったり、信頼できる人と一緒にいるだけで安心します。

赤ちゃんは素直なので、1番信頼が出来るママと一緒にいる事により泣いてしまう事もあります。

 

我が家の 実体験でも、昼間にママと離れておじーちゃんやおばーちゃんと過ごした日の夜やママがお出かけした日の夜など、ママと離れていた日は、ママに抱っこされても泣き続ける事がありました。

 

これは恐らく、昼間はママがいない事に気が付いていましたが、夕方にママに会った事による安心感で泣き続けたと思われます。

 

 

抱っこの居心地が悪い

  f:id:kenta03:20190213161420j:plain

ママの抱っこで普段泣かない赤ちゃんも、抱き方や環境によって泣く事はあります。

ママにとって同じような環境でも、赤ちゃんの身体に異変があったり、周辺環境によっても変わります。

 

 

赤ちゃんが抱っこを嫌がるポイント

・暑い
・かゆい
・体勢が気にくわない
・怖い、不安
・自分で動きたい!行動を制限されたくない

 

 
もしこのポイントを意識しても泣き止まないときには、抱き方を変えてみたりして試してみて下さい。

 

 

 

体調が悪い

f:id:kenta03:20190213161441j:plain

赤ちゃんは大人の様に体の異変を言葉で伝える事は出来ません。
体調不良や不満があるときには泣いて知らせます。

 

例えば着ている衣服の止め具やタグが肌に触れて不満、痛かったり、あせもがかゆいという事も考えられます。


また病気の中にも、手足口病のように熱が出にくい病気もあります。

 

 

赤ちゃんの様子をよくみて判断するようにしましょう。

 

 

 

 ママの不安やストレスが伝わっている

f:id:kenta03:20190213161418j:plain

アイルランドで11,000人の子供を対象に行われた調査によると、親がストレスを感じている場合、子供の発達に悪影響があるという結果が出ています。

 

ママのストレスと9カ月の赤ちゃんの神経質な性格に強い関連が見られました。

このようにママの感情を赤ちゃんはしっかり理解しています。

 

長時間ストレスホルモンにさらされることで、赤ちゃんの脳の発達に悪影響を与える可能性があることがわかります。

 

 

 

おわり

f:id:kenta03:20190213161415j:plain

私自身もパパ見知りを体験しましたが、抱っこするたびに泣かれるので精神的に応えました。


その時の記事はこちらです。

www.chillin-blog.com

 


基本的にはママ見知りという事が起こることは考えづらいですが、もしママに抱っこされて泣いたりするときにはママ自身ではなく周辺環境に原因がないか確認してみて下さい。